アーティスト紹介

第8回アーティスト大賞

美術作家山口 功YAMAGUCHI Isao

1982年、東京都生まれ。2006年、東京藝術大学油画専攻を卒業。同大学院で2012年に博士課程を修了。2009年、グリフィス大学に交換留学。2014年より山口市を拠点に制作活動を開始。現代人に特有の身体感覚「殻で自らを守りながら、それでも外部と繋がること」をコンセプトとして作品を制作し、50以上の個展・グループ展で発表。2014年と2015年に第68回・第69回山口県美術展覧会で佳作を受賞。

展示歴・活動歴など

2019年
  • Epiphany Garden 2 空き家のかくれんぼ(Do a Front╱山口)
  • 隠れミノの自由時間 The Chrysalis Strol(l ギャラリー・ナカノ╱山口)
2018年 ななつぼしてん(ギャラリー・ナカノ╱山口)
2017年
  • 美の探求 IN PURSUIT OF BEAUTY(アーツ千代田3331、アートイマジンギャラリー╱東京)
  • コンタンポラン(周南市美術博物館╱山口)
2016年
  • 第8回やまぐち新進アーティスト大賞受賞
  • うずまき伝声管(山口井筒屋美術ギャラリー╱山口)
  • MITSUKOSHI× 東京藝術大学 夏の芸術祭 次代を担う若手作家作品展 (日本橋三越本店╱東京)
2015年 箱と殻の時代 An Era of Boxes and Shells(ギャラリー・ナカノ╱山口)
2014年 前後展(駒ヶ根高原美術館╱長野)
2013年
  • 1ダースの設計図(木金堂╱東京)
  • 殻から伸びる伝声管(アートイマジンギャラリー╱東京)
2012年 要塞ぐらしの日々淡々(MUSEE F╱東京)
画像:作家近影

実施できること

  • 講演

作品一覧

画像:中央シェル
《中央シェル》 2015 アクリル絵の具、石粉粘土、厚紙、木、金属
画像:接続装置[B]
《接続装置[B]》 2016 アクリル絵の具、キャンバス
画像:循環中枢[側面]
《循環中枢[側面]》 2016 アクリル絵の具、キャンバス